初代 明月歌流長者 称号印

最高得点者に渡されます




小倉百歌一覧

日本文化は なんて 素晴らしい!

 そうだ、連休万葉じによう


そして

お部屋に百人一首認定書を飾りませんか




第一回小倉検定

第一回小倉検定学生実行委員会

第一回小倉検定受験者の皆様

初代明月歌流長者


藤原定家 詩華集


京極権中納言撰歌人 嵯峨山荘色紙和歌
天智天皇 御製 あきのたのかりほのいほのとまをあらみわかころもてはつゆにぬれつつ
持統天皇 御製 はるすきてなつきにけらし白妙のころもほすてふあまのかく山
柿本人麿 あしひきの山とりのをのしたりをのなかなかしよをひとりかもねん
山邊赤人 たこのうらにうちいててみれは白妙のふしのたかねにゆきはふりつつ
中納言家持 かささきのわたせるはしにおくしものしろきをみれはよそふけにける
安倍仲丸 あまのはらふりさけみれはかすかなるみかさの山にいてし月かも
参議篁 わたのはらやそしまかけてこきいてぬと人にはつけよあまのつりふね
猿丸大夫 おく山にもみちふみわけなくしかのこゑきくときそ秋はかなしき
中納言行平 たちわかれいなはの山のみねにおふるまつとしきかはいまかへりこん
在原業平朝臣 ちはやふる神よもきかすたつた河からくれなゐにみつくくるとは
藤原敏行朝臣 すみのえのきしによるなみよるさへやゆめのかよひち人めよくらん
陽成院 御製 つくはねのみねよりおつるみなのかはこひそつもりてふちとなりける
小野小町 はなのいろはうつりにけりないたつらにわか身よにふるなかめせしまに
喜撰法師 わかいほはみやこのたつみしかそすむよをうち山と人はいふなり
僧正遍昭 あまつかせ雲のかよひちふきとちよをとめのすかたしはしととめん
蝉丸 これやこのゆくもかへるもわかれつつしるもしらぬもあふさかのせき
河原左大臣 みちのくのしのふもちすりたれゆへにみたれむとおもふ我ならなくに
光孝天皇 御製 君かためはるののにいててわかなつむわかころもてにゆきはふりつつ
伊勢 なにはかたみしかきあしのふしのまもあはてこのよをすくしてよとや
元良親王 わひぬれはいまはたおなしなにはなるみをつくしてもあはんとそ思ふ
源宗于朝臣 やまさとはふゆそさひしさまさりける人めも草もかれぬとおもへは
素性法師 いまこんといひしはかりになか月のありあけの月をまちいてつる哉
菅家 このたひはぬさもとりあへすたむけ山もみちのにしき神のまにまに
壬生忠岑 ありあけのつれなくみえしわかれよりあかつきはかりうきものはなし
凡河内躬恒 こころあてにおらはやおらんはつしものおきまとはせる白きくのはな
紀友則 ひさかたのひかりのとけきはるの日にしつこころなく花のちるらん
文屋康秀 ふくからに秋の草木のしほるれはむへ山風をあらしといふらん
紀貫之 人はいさこころもしらすふるさとは花そむかしのかににほひける
坂上是則 あさほらけありあけの月とみるまてによしののさとにふれるしらゆき
大江千里 月みれはちちにものこそかなしけれわか身ひとつの秋にはあらねと
藤原興風 たれをかもしる人にせんたかさこのまつもむかしのともならなくに
春道列樹 山かはにかせのかけたるしからみはなかれもあへぬもみちなりけり
清原深養父 なつのよはまたよひなからあけぬるをくものいつくこに月やとるらん
貞信公 をくら山みねのもみちはこころあらはいまひとたひのみゆきまたなん
三条右大臣 なにしおははあふさか山のさねかつら人にしられてくるよしも哉
中納言兼輔 みかのはらわきてなかるるいつみ河いつみきとてかこひしかるらん
参議等 あさちふのおののしのはらしのふれとあまりてなとか人のこひしき
文屋朝康 白つゆにかせのふきしく秋ののはつらぬきとめぬたまそちりける
右近 わすらるる身をはおもはすちかひてし人のいのちのをしくもある哉
中納言敦忠 あひみてののちの心にくらふれはむかしはものもおもはさりけり
平兼盛 しのふれといろにいてにけりわかこひはものやおもふと人のとふまて
壬生忠見 こひすてふ我なはまたきたちにけりひとしれすこそ思ひそめしか
謙徳公 あはれともいふへき人はおもほえて身のいたつらになりぬへきかな
中納言朝忠 あふことのたえてしなくはなかなかに人をも身をもうらみさらまし
清原元輔 ちきりきなかたみに袖をしほりつつすゑのまつ山なみこさしとは
源重之 かせをいたみいはうつなみのをのれのみくたけてものを思ころかな
曽祢好忠 ゆらのとをわたるふな人かちをたえゆくへもしらぬこひのみちかな
大中臣能宣朝臣 みかきもり衛士のたくひのよるはもえひるはきえつつものをこそ思へ
藤原義孝 君かためをしからさりしいのちさへなかくもかなと思ぬるかな
藤原實方朝臣 かくとたにえやはいふきのさしもくささしもしらしなもゆる思を
藤原道信朝臣 あけぬれはくるるものとはしりなからなをうらめしきあさほらけ哉
恵慶法師 やへむくらしけれるやとのさひしきに人こそみえね秋はきにけり
一条院皇后宮 よもすからちきりしことをわすれすはこひんなみたのいろそゆかしき
三条院 御製 こころにもあらてうきよになからへはこひしかるへきよはの月かな
儀同三司母 わすれしのゆくすゑまてはかたけれはけふをかきりのいのちともかな
右大将道綱母 なけきつつひとりぬるよのあくるまはいかにひさしきものとかはしる
能因法師 あらしふくみむろの山のもみちははたつたのかはのにしきなりけり
良暹法師 さひしさにやとをたちいててなかむれはいつくもおなし秋のゆふくれ
大納言公任 たきのおとはたえてひさしくなりぬれとなこそなかれてなをとまりけれ
清少納言 よをこめてとりのそらねにはかるともよにあふさかのせきはゆるさし
和泉式部 あらさらんこのよのほかの思ひてにいまひとたひのあふことも哉
大貳三位 ありま山ゐなのささはらかせふけはいてそよ人をわすれやはする
赤染右衛門 やすらはてねなましものをさよふけてかたふくまての月をみしかな
紫式部 めくりあひてみしやそれともわかぬまにくもかくれにしよはの月かな
伊勢大輔 いにしへのならのみやこのやへさくらけふここのへににほひぬるかな
小式部内侍 おほえ山いくののみちのとをけれはまたふみもみすあまのはしたて
権中納言定頼 あさほらけうちの河きりたえたえにあらはれわたるせせのあしろき
左京大夫道雅 いまはたた思たえなんとはかりを人つてならていふよしもかな
周防内侍 はるのよのゆめはかりなるたまくらにかひなくたたむなこそをしけれ
大納言経信 ゆふされはかとたのいなはおとつれてあしのまろやに秋かせそふく
前大僧正行尊 もろともにあはれとおもへ山さくら花よりほかにしる人もなし
前中納言匡房 たかさこのおのへのさくらさきにけりとやまのかすみたたすもあらなん
権中納言国信 かすかののしたもえわたるくさのうへにつれなくみゆるはるのあはゆき
祐子内親王家紀伊 おとにきくたかしのはまのあたなみはかけしや袖のぬれもこそすれ
相模 うらみわひぬほさぬそてたにある物をこひにくちなんなこそおしけれ
源俊頼朝臣 山さくらさきそめしよりひさかたのくもゐにみゆるたきの白いと
崇徳院御製 せをはやみいはにせかるるたきかはのわれてすゑにもあはんとそ思
待賢門院堀川 なかからんこころもしらすくろかみのみたれてけさはものをこそ思へ
法性寺入道前関白太政
大臣
わたのはらこきいててみれはひさかたのくもゐにまかふおきつしらなみ
左京大夫顕輔 秋かせにたなひく雲のたえまよりもりいつる月のかけのさやけさ
源兼昌 あはちしまかよふちとりのなくこゑにいくよめさめぬすまのせきもり
藤原基俊 ちきりをきしさせもかつゆをいのちにてあはれことしの秋もいぬめり
道因法師 おもひわひさてもいのちはある物をうきにたえぬはなみたなりけり
藤原清輔朝臣 なからへはまたこのころやしのはれんうしとみしよそいまはこひしき
俊恵法師 よもすからもの思ころはあけやらぬねやのひまさへつれなかりけり
後徳大寺左大臣 ほとときすなきつるかたをなかむれはたたありあけの月そのこれる
皇太后宮大夫俊成 よの中よみちこそなけれおもひいる山のおくにもしかそなくなる
西行法師 なけけとて月やはものをおもはするかこちかほなる我なみたかな
皇嘉門院別当 なにはえのあしのかりねのひとよゆへ身をつくしてやこひわたるへき
権中納言長方 きのくにのゆらのみさきにひろふてふたまさかにたにあひみてしがな
殷富門院大輔 みせはやなをしまのあまのそてたにもぬれにそぬれしいろはかはらす
式子内親王 たまのをよたえなはたえねなからへはしのふることのよはりもそする
寂蓮法師 むらさめのつゆもまたひぬまきのはにきりたちのほる秋のゆふくれ
二条院讃岐 わか袖はしほひにみえぬおきのいしの人こそしらねかはくまもなし
後京極摂政前太政大臣 きりきりすなくやしもよのさむしろにころもかたしきひとりかもねん
前大僧正慈圓 おほけなくうきよのたみにおほふかな我たつそまにすみそめのそて
参議雅経 みよしのの山の秋かせさよふけてふるさとさむくころもうつなり
鎌倉右大臣 よのなかはつねにもかもななきさこくあまのをふねのつなてかなしも
正三位家隆 かせそよくならのをかはのゆふくれはみそきそなつのしるしなりける
権中納言定家 こぬ人をまつほのうらのゆふなきにやくやもしほの身もこかれつつ
入道前太政大臣 はなさそふあらしのにはのゆきならてふりゆくものは我身なりけり

小倉検定 トップに戻る




小倉百人一首その他


小倉百人一首
藤原定家撰による詞華集
嵯峨嵐山
京都市右京区
百人一首出典勅撰集
古今集 後撰集 拾遺集 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 続後撰集
藤原定家
正二位権中納言 応保2年〜仁治2年
宇都宮頼綱(蓮生)
藤原定家の次男である為家の舅
近江京
天智天皇から大友皇子(弘文天皇)までの都
藤原京 持統天皇・文武天皇・元明天皇の都
平城京 元明天皇から桓武天皇までの都
平安京 桓武天皇から明治天皇までの都

誕生 日本一の知識人 百人一首の新称号


著作権等について

小倉検定協会のサイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。
また、小倉検定協会のサイト全体も編集著作物として、著作権の対象となっております。
内容の全部又は一部については無断で引用、転載、複製を行うことはできません。
利用者が情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

本サイトに掲載された全ての掲載物の利用を禁じます。

小倉百人一首にまつわる事柄を問う検定試験 百撰・嵯峨山荘色紙和歌 小倉検定

Copyright(C) Ogura society All rights reserved