広告

書類選考に合格する方法

2級以上の合格なら履歴書に!

履歴書の書き方



小倉検定は、日本伝統古典文化の継承者として、各級を認定いたします。

合格認定を受けた方は、日本の伝統古典文化・歴史など幅広い文化意識と、高い教養の持ち主であると当協会は考えます。

認定を受けた方が、各分野で活躍できるよう関係機関の皆様にはご配慮をお願い申し上げます。




小倉検定2級以上の合格認定があれば、履歴書に書いてみませんか?


■履歴書資格欄への記入の仕方

例1
平成21年9月20日
第一回 小倉検定2級

例2
平成21年9月20日
第一回 百撰・嵯峨山荘色紙和歌 小倉検定 2級

例3
平成21年9月20日
第一回 小倉検定 明月歌流長者(最高得点者)称号取得

例4
平成21年9月20日
百人一首文化アドバイザー(上級指導員)資格




■検定の説明例

小倉検定とは、
・小倉百人一首の作者と時代背景・文化など幅広く問う能力検定試験です。
・生涯学習や一般教養としての百人一首にまつわる能力を試す検定です。
第一回小倉検定は、文化庁文化力プロジェクトに登録しています

小倉検定協会とは、
公益的事業を主たる目的として、小倉百人一首にまつわる研究を行う非営利機関です。
・百人一首にまつわる日本文化の普及活動を行う団体です。
・能力検定試験の開発および実施、認定を行う団体です。
・歴史・文化・教育等の振興と発展のため企画支援等を行う団体です。

小倉検定学生実行委員会とは、
・小倉検定の運営委員会として発足した団体です。
・主に同志社大学、立命館大学、京都大学の学生を中心に活動している団体です。
・大学サークル等と連携して、日本文化普及の活動を行う団体です。

■合格証明書

合格通知に係わる認定書は、受験手数料に含まれております。
再発行にのみ再発行手数料を設けます。

明月歌流長者に係わる書類および称号印は無料です。
再交付は原則として行いません。
称号印が破損等による場合のみ交換します(有料)。

小倉検定 トップに戻る



明月歌流の資格

長者
最高位文化教養資格者称号(百人一首文化教養人)
衣笠歌人
京都北山作歌人称号(検定作歌人自由使用)

百人一首文化アドバイザー資格、百人一首文化教養士の種類

指導師範
(百人一首文化アドバイザー資格)
上級指導員
(百人一首文化アドバイザー資格)
指導員
(百人一首文化アドバイザー資格)
文化士
(百人一首文化アドバイザー資格)
文化士補
(百人一首文化アシスタント・アドバイザー資格)

特別文化普及士
名誉資格
高等科師範
中等科師範
初等科師範
特別文化士
文化普及士


明月歌流賞
優秀賞、努力賞、貢献者


明月歌流

第一回小倉検定

第一回小倉検定学生実行委員会

第一回小倉検定受験者の皆様(更新中)

初代明月歌流長者


第一回検定のニュース

山陽新聞ニュース//

河北新報 //

山陰中央新報//

北日本新聞社//

福井新聞//

山梨日日新聞//

岩手日報ニュース//

四国新聞社//

長崎新聞//

ちばとぴ 千葉日報//

下野新聞「SOON」//

神戸新聞//

大分合同新聞//

北國新聞//

富山新聞//

秋田魁新報さきがけonTheWeb//

西日本新聞//

Web東奥日報//

東京新聞(TOKYOWeb)//

京都新聞//

山形新聞//

福島民報//

福島民友新聞//

大阪日日新聞//

徳島新聞//

佐賀新聞//

デイリースポーツオンライン//

新潟日報//

47NEWS//

愛媛新聞(朝刊・総合面)//

山陰中央新報(朝刊・社会面)//

四国新聞(朝刊・総合面)//

徳島新聞(夕刊・2面)//

高知新聞(朝刊・社会面)//

中国新聞//

さんようタウンナビ(おかやまの情報源)//

高知新聞//

中日スポーツ//

静岡新聞//

読売新聞(関西発)//

熊本日日新聞//

佐賀新聞//

中日新聞//

メディアジャム//

神奈川新聞//

YOMIURI ONLINE//

K-MIX静岡エフエム放送//

オールアバウト//

オリコンWEB//

夕刊フジ ほか