百人一首しませう小倉検定協会








初代 明月歌流長者 称号印

最高得点者に渡されます




百人一首一覧


文化サロンで百人一首の世界を語る

「百人一首文化指導者」資格

百人一首文化アドバイザー


文化庁文化力プロジェクト・関西元気文化圏参加事業

百撰・嵯峨山荘色紙和歌 小倉検定

小倉百人一首の作者と時代背景・文化など幅広く問う能力検定試験

百人一首の新たなる称号が誕生

歌仙が見守る初の勝負です


小倉検定に戻る



明月歌流の資格

長者
最高位文化教養資格者称号(百人一首文化教養人)

百人一首文化アドバイザー資格、百人一首文化教養士の種類

指導師範
(百人一首文化アドバイザー資格)
上級指導員
(百人一首文化アドバイザー資格)
指導員
(百人一首文化アドバイザー資格)
文化士
(百人一首文化アドバイザー資格)
文化士補
(百人一首文化アシスタント・アドバイザー資格)



小倉検定 仮名表記


小倉百人一首歌人 公式漢字表記 百人一首和歌 小倉検定 公式仮名表記
てんぢてんわう
てんじてんのう
あきのたのかりほのいほのとまをあらみわがころもではつゆにぬれつつ
ぢとうてんわう
じとうてんのう
はるすぎてなつきにけらししろたへのころもほすてふあまのかぐやま
かきのもとのひとまろ  柿本人麿
かきのもとのひとまろ
あしびきのやまどりのをのしだりをのながながしよをひとりかもねむ
やまべのあかひと  山赤人
やまべのあかひと
たごのうらにうちいでてみればしろたへのふじのたかねにゆきはふりつつ
さるまるだいふ
さるまるだゆう
おくやまにもみぢふみわけなくしかのこゑきくときぞあきはかなしき
ちゅうなごんやかもち
ちゅうなごんやかもち
かささぎのわたせるはしにおくしものしろきをみればよぞふけにける
あべのなかまろ  部仲麻呂
あべのなかまろ
あまのはらふりさけみればかすがなるみかさのやまにいでしつきかも
きせんほふし
きせんほうし
わがいほはみやこのたつみしかぞすむよをうぢやまとひとはいふなり
をののこまち
おののこまち
はなのいろはうつりにけりないたづらにわがみよにふるながめせしまに
せみまる  
せみまる
これやこのゆくもかへるもわかれてはしるもしらぬもあふさかのせき
さんぎたかむら
さんぎたかむら
わたのはらやそしまかけてこぎいでぬとひとにはつげよあまのつりぶね
そうじやうへんぜう
そうじょうへんじょう
あまつかぜくものかよひぢふきとぢよをとめのすがたしばしとどめむ
やうぜいゐん
ようぜいいん
つくばねのみねよりおつるみなのがはこひぞつもりてふちとなりぬる
かはらのさだいじん
かわらのさだいじん
みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑにみだれそめにしわれならなくに
くわうかうてんわう
こうこうてんのう
きみがためはるののにいでてわかなつむわがころもでにゆきはふりつつ
ちゆうなごんゆきひら
ちゅうなごんゆきひら
たちわかれいなばのやまのみねにおふるまつとしきかばいまかへりこむ
ありはらのなりひらのあそん
ありわらのなりひらあそん
ちはやぶるかみよもきかずたつたがはからくれなゐにみづくくるとは
ふぢはらのとしゆきのあそん
ふじわらのとしゆきあそん
すみのえのきしによるなみよるさへやゆめのかよひぢひとめよくらむ
いせ
いせ
なにはがたみじかきあしのふしのまもあはでこのよをすぐしてよとや
もとよししんわう
もとよししんのう
わびぬればいまはたおなじなにはなるみをつくしてもあはむとぞおもふ
そせいほふし
そせいほうし
いまこむといひしばかりにながつきのありあけのつきをまちいでつるかな
ふんやのやすひで
ふんやのやすひで
ふくからにあきのくさきのしをるればむべやまかぜをあらしといふらむ
おほえのちさと
おおえのちさと
つきみればちぢにものこそかなしけれわがみひとつのあきにはあらねど
くわんけ
かんけ
このたびはぬさもとりあへずたむけやまもみぢのにしきかみのまにまに
さんでうのうだいじん
さんじょうのうだいじん
なにしおはばあふさかやまのさねかづらひとにしられでくるよしもがな
ていしんこう
ていしんこう
をぐらやまみねのもみぢばこころあらばいまひとたびのみゆきまたなむ
ちゆうなごんかねすけ
ちゅうなごんかねすけ
みかのはらわきてながるるいづみがはいつみきとてかこひしかるらむ
みなもとのむねゆきのあそん
みなもとのむねゆきあそん
やまざとはふゆぞさびしさまさりけるひとめもくさもかれぬとおもへば
おほしかふちのみつね
おおしこうちのみつね
こころあてにをらばやをらむはつしものおきまどはせるしらぎくのはな
みぶのただみね
みぶのただみね
ありあけのつれなくみえしわかれよりあかつきばかりうきものはなし
さかのうへのこれのり
さかのうえのこれのり
あさぼらけありあけのつきとみるまでに よしののさとに ふれるしらゆき
はるみちのつらき
はるみちのつらき
やまがはにかぜのかけたるしがらみはながれもあへぬもみぢなりけり
きのとものり
きのとものり
ひさかたのひかりのどけきはるのひにしづこころなくはなのちるらむ
ふぢはらのおきかぜ
ふじわらのおきかぜ
たれをかもしるひとにせむたかさごのまつもむかしのともならなくに
きのつらゆき
きのつらゆき
ひとはいさこころもしらずふるさとははなぞむかしのかににほひける
きよはらのふかやぶ
きよはらのふかやぶ
なつのよはまだよひながらあけぬるをくものいづこにつきやどるらむ
ふんやのあさやす
ふんやのあさやす
しらつゆにかぜのふきしくあきののはつらぬきとめぬたまぞちりける
うこん
うこん
わすらるるみをばおもはずちかひてしひとのいのちのをしくもあるかな
さんぎひとし
さんぎひとし
あさぢふのをののしのはらしのぶれどあまりてなどかひとのこひしき
たいらのかねもり
たいらのかねもり
しのぶれどいろにいでにけりわがこひはものやおもふとひとのとふまで
みぶのただみ
みぶのただみ
こひすてふわがなはまだきたちにけりひとしれずこそおもひそめしか
きよはらのもとすけ
きよはらのもとすけ
ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつすゑのまつやまなみこさじとは
ごんちゆうなごんあつただ
ごんちゅうなごんあつただ
あひみてののちのこころにくらぶればむかしはものをおもはざりけり
ちゆうなごんあさただ
ちゅうなごんあさただ
あふことのたえてしなくはなかなかにひとをもみをもうらみざらまし
けんとくこう
けんとくこう
あはれともいふべきひとはおもほえでみのいたづらになりぬべきかな
そねのよしただ
そねのよしただ
ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえゆくへもしらぬこひのみちかな
えぎやうほふし
えぎょうほうし
やへむぐらしげれるやどのさびしきにひとこそみえねあきはきにけり
みなもとのしげゆき
みなもとのしげゆき
かぜをいたみいはうつなみのおのれのみくだけてものをおもふころかな
おほなかとみのよしのぶのあそん  大中臣能宣朝臣
おおなかとみのよしのぶあそん
みかきもりゑじのたくひのよるはもえひるはきえつつものをこそおもへ
ふぢはらのよしたか
ふじわらのよしたか
きみがためをしからざりしいのちさへながくもがなとおもひけるかな
ふぢはらのさねかたのあそん
ふじわらのさねかたあそん
かくとだにえやはいぶきのさしもぐささしもしらじなもゆるおもひを
ふじはらのみちのぶのあそん
ふじわらのみちのぶあそん
あけぬればくるるものとはしりながらなほうらめしきあさぼらけかな
うだいしやうみちつなのはは
うだいしょうみちつなのはは
なげきつつひとりぬるよのあくるまはいかにひさしきものとかはしる
ぎどうさんしのはは
ぎどうさんしのはは
わすれじのゆくすゑまではかたければけふをかぎりのいのちともがな
だいなごんきんたふ
だいなごんきんとう
たきのおとはたえてひさしくなりぬれどなこそながれてなほきこえけれ
いづみしきぶ
いずみしきぶ
あらざらむこのよのほかのおもひでにいまひとたびのあふこともがな
むらさきしきぶ
むらさきしきぶ
めぐりあひてみしやそれともわかぬまにくもがくれにしよはのつきかな
だいにのさんみ
だいにのさんみ
ありまやまゐなのささはらかぜふけばいでそよひとをわすれやはする
あかぞめゑもん
あかぞめえもん
やすらはでねなましものをさよふけてかたぶくまでのつきをみしかな
こしきぶのないし
こしきぶのないし
おほえやまいくののみちのとほければまだふみもみずあまのはしだて
いせのたいふ
いせのたいふ
いにしへのならのみやこのやへざくらけふここのへににほひぬるかな
せいせうなごん
せいしょうなごん
よをこめてとりのそらねははかるともよにあふさかのせきはゆるさじ
さきやうのだいぶみちまさ
さきょうのだいぶみちまさ
いまはただおもひたえなむとばかりをひとづてならでいふよしもがな
ごんちゆうなごんさだより
ごんちゅうなごんさだより
あさぼらけうぢのかはぎりたえだえにあらはれわたるせぜのあじろぎ
さがみ
さがみ
うらみわびほさぬそでだにあるものをこひにくちなむなこそをしけれ
さきのだいそうじやうぎやうそん
さきのだいそうじょうぎょうそん
もろともにあはれとおもへやまざくらはなよりほかにしるひともなし
すはうのないし
すおうのないし
はるのよのゆめばかりなるたまくらにかひなくたたむなこそをしけれ
さんでうゐん
さんじょういん
こころにもあらでうきよにながらへばこひしかるべきよはのつきかな
のういんほふし
のういんほうし
あらしふくみむろのやまのもみぢばはたつたのかはのにしきなりけり
りやうぜんほふし
りょうぜんほうし
さびしさにやどをたちいでてながむればいづこもおなじあきのゆふぐれ
だいなごんつねのぶ
だいなごんつねのぶ
ゆふさればかどたのいなばおとづれてあしのまろやにあきかぜぞふく
いうしないしんわうけのきい
ゆうしないしんのうけのきい
おとにきくたかしのはまのあだなみはかけじやそでのぬれもこそすれ
さきのごんちゆうなごんまさふさ  権中納言匡房
さきのごんちゅうなごんまさふさ
たかさごのをのへのさくらさきにけりとやまのかすみたたずもあらなむ
みなもとのとしよりのあそん
みなもとのとしよりあそん
うかりけるひとをはつせのやまおろしよはげしかれとはいのらぬものを
ふぢはらのもととし
ふじわらのもとよし
ちぎりおきしさせもがつゆをいのちにてあはれことしのあきもいぬめり
ほつしやうじのにふだうさきのくわんぱくだいじやうだいじん
ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん
わたのはらこぎいでてみればひさかたのくもゐにまがふおきつしらなみ
すとくゐん
すとくいん
せをはやみいはにせかるるたきがはのわれてもすゑにあはむとぞおもふ
みなもとのかねまさ
みなもとのかねまさ
あはぢしまかよふちどりのなくこゑにいくよねざめぬすまのせきもり
さきやうのだいぶあきすけ
さきょうのだいぶあきすけ
あきかぜにたなびくくものたえまよりもれいづるつきのかげのさやけさ
たいけんもんゐんのほりかは
たいけんもんいんのほりかわ
ながからむこころもしらずくろかみのみだれてけさはものをこそおもへ
ごとくだいじのさだいじん
ごとくだいじのさだいじん
ほととぎすなきつるかたをながむればただありあけのつきぞのこれる
だういんほふし
どういんほうし
おもひわびさてもいのちはあるものをうきにたへぬはなみだなりけり
くわうたいごうぐうのだいぶしゆんぜい
こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい
よのなかよみちこそなけれおもひいるやまのおくにもしかぞなくなる
ふぢはらのきよすけのあそん
ふじわらのきよすけあそん
ながらへばまたこのごろやしのばれむうしとみしよぞいまはこひしき
しゆんゑほふし
しゅんえほうし
よもすがらものおもふころはあけやらでねやのひまさへつれなかりけり
さいぎやうほふし
さいぎょうほうし
なげけとてつきやはものをおもはするかこちがほなるわがなみだかな
じやくれんほふし
じゃくれんほうし
むらさめのつゆもまだひぬまきのはにきりたちのぼるあきのゆふぐれ
くわうかもんゐんのべつたう
こうかもんいんのべっとう
なにはえのあしのかりねのひとよゆゑみをつくしてやこひわたるべき
しよくしないしんわう
しょくしないしんのう
たまのをよたえなばたえねながらへばしのぶることのよわりもぞする
いんぷもんゐんのたいふ
いんぷもんいんのたいふ
みせばやなをじまのあまのそでだにもぬれにぞぬれしいろはかはらず
ごきやうごくせつしやうさきのだいじゃうだいじん
ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん
きりぎりすなくやしもよのさむしろにころもかたしきひとりかもねむ
にでうゐんのさぬき
にじょういんのさぬき
わがそではしほひにみえぬおきのいしのひとこそしらねかわくまもなし
かまくらのうだいじん
かまくらのうだいじん
よのなかはつねにもがもななぎさこぐあまのをぶねのつなでかなしも
さんぎまさつね
さんぎまさつね
みよしののやまのあきかぜさよふけてふるさとさむくころもうつなり
さきのだいそうじやうじゑん
さきのだいそうじょうじえん
おほけなくうきよのたみにおほふかなわがたつそまにすみぞめのそで
にふだうさきのだいじやうだいじん
にゅうどうさきのだいじょうだいじん
はなさそふあらしのにはのゆきならでふりゆくものはわがみなりけり
ごんちゆうなごんていか
ごんちゅうなごんていか
こぬひとをまつほのうらのゆふなぎにやくやもしほのみもこがれつつ
じゆにゐいへたか
じゅにいいえたか
かぜそよぐならのをがはのゆふぐれはみそぎぞなつのしるしなりける
ごとばゐん
ごとばいん
ひともをしひともうらめしあぢきなくよをおもふゆゑにものおもふみは
じゆんとくゐん
じゅんとくいん
ももしきやふるきのきばのしのぶにもなほあまりあるむかしなりけり


あくまでも検定を行う上で、試験用の公式表記といたしました。検定試験ではこの表記を使用した問題を作成すると言う意味で、当然、他の出典を否定するものではありません。

ただ、旧かな遣いや作者名については、検定試験用に今後も変更を行いますが、検定作成のための統一表記であることをご理解いただきますようお願いいたします。



小倉百歌一覧はこちら



出題問題に作者の仮名をふる場合は上記上段仮名でない場合があります。

・百人一首のひらがな
・百人一首の平仮名
・百人一首の仮名
・百人一首のふりがな
・百人一首の読み方
出題問題に作者の漢字を記載する場合は上記漢字を使用する場合があります。



第一回小倉検定

第一回小倉検定学生実行委員会

第一回小倉検定受験者の皆様(更新中)

初代明月歌流長者


第一回小倉検定概要

【試験日時】 平成21年9月20日(日) 午前10時00分(80分間)

【受験資格】 年齢、学歴、国籍に関係なく、どなたでも受験できます
【試験内容】 百人一首に係わる地域・文化・文学・歴史、作者に関する事項など全般
【試験方法】 出題形式は、択一式・記述式・論述式
【試験会場】 京都市内
【合格基準】 1級90点以上、2級80点以上、3級60点以上、初級59点以下
【受験手数料】 3000円
【受験申込方法】 インターネットによる申込、FAXによる申込、郵送による申込
【明月歌流長者】 全受験者中最高得点者1名に「初代明月歌流長者」称号印を授与します
【和歌公式仮名表記】 百人一首の歌表記は小倉検定協会が公式とするものを採用します

著作権等について

小倉検定協会のサイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。
また、小倉検定協会のサイト全体も編集著作物として、著作権の対象となっております。
内容の全部又は一部については無断で引用、転載、複製を行うことはできません。
利用者が情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

本サイトに掲載された全ての掲載物の利用を禁じます。

小倉百人一首にまつわる事柄を問う検定試験 百撰・嵯峨山荘色紙和歌 小倉検定

Copyright(C) Ogura society All rights reserved




第一回検定は京都で開催

受験者への広報(更新中)

第一回受験者の皆様




宮内庁

文化庁





第一回検定の学生HP

学生実行委員会の動き




第一回検定は京都で開催

受験者への広報

(更新中)






第一回検定のニュース

山陽新聞ニュース//河北新報//山陰中央新報//北日本新聞社//福井新聞//山梨日日新聞//岩手日報ニュース//四国新聞社//長崎新聞//ちばとぴ 千葉日報//下野新聞「SOON」//神戸新聞//大分合同新聞//北國新聞//富山新聞//秋田魁新報さきがけonTheWeb//西日本新聞//Web東奥日報//東京新聞(TOKYOWeb)//京都新聞//山形新聞//福島民報//福島民友新聞//大阪日日新聞//徳島新聞//佐賀新聞//デイリースポーツオンライン//新潟日報//47NEWS//愛媛新聞(朝刊・総合面)//山陰中央新報(朝刊・社会面)//四国新聞(朝刊・総合面)//徳島新聞(夕刊・2面)//高知新聞(朝刊・社会面)//中国新聞//さんようタウンナビ(おかやまの情報源)//高知新聞//中日スポーツ//静岡新聞//読売新聞(関西発)//熊本日日新聞//佐賀新聞//中日新聞//メディアジャム//神奈川新聞//YOMIURI ONLINE//K-MIX静岡エフエム放送//オールアバウト//オリコンWEB//夕刊フジ ほか




京都の情報

べんちゃん☆ぶろぐ




資格の情報

資格ロード別館




勉強するなら

小倉百人一首の散策