小倉検定受験者の皆様へ


小倉検定 トップにもどる

皆さんが100点満点を取るのか? 私たちの問題が勝るのか?

初の勝負です

さぁ参りましょう 藤原定家と小倉百人一首の世界へ


受験者の皆様

小倉検定を受験に、京都の立命館大学までお越しくださり誠にありがとうございました。試験はいかがでしたでしょうか?

私たち実行委員一同は、日本の伝統文化である小倉百人一首を愛される皆様にお会いできましたことに感謝し、さらにご多忙の中お越しいただいたことに感謝申し上げます。

数々の不手際にもかかわらず、ご理解とご協力をいただきましたこと厚く御礼申し上げます。


試験監督員 : 森井亜由美(立命館大学)、江田慎平(京都大学)、眞柳英知(同志社大学)



本年も有難うございました(12/25)

百人一首の検定を受験希望の皆様、応援のメール有難うございました。


試験会場で歌仙人形(9/11)

試験会場で歌仙人形を購入された方で追加購入をご希望の方は、潟с}ネさんに直接お問い合わせください。立命館大学で小倉検定を受けたと言えば話が早いと思います。TEL 06-6332-0159
 


小倉検定協会検定!なるもの(7/31)

なんと!けんてーごっこ!に小倉検定協会検定なるものができていました。当協会を理解していただくには大変有難い話ですが、正直おどろきました。小倉検定協会検定に全問正解しても長者にはなれませんのでご了承ください。ためしに皆さんも受けてみてはいかがでしょうか。


長者からのメッセージ更新(7/31)

七夕にメールをいただきながら、本日の更新となってしまいました。次期長者をめざす皆様、そして百人一首を愛する皆様、小倉検定最高得点者である初代明月歌流長者のメッセージを更新しましたので、ぜひご覧ください。


平城京遷都1300年(11/7)

いにしへの都、平城京。小倉百人一首の検定出題者は大極殿好きと過去の記事にもありましたように、次回検定出題のため、長蛇の列を並び見学。これからも第2回検定までには数度この建物を訪れることでしょう。阿部仲麻呂明州で詠んだ「あまのはら・・・」、遣唐使船の上に立ち、あらためて望郷の念が大きかったであろうことを感じる平城京遷都1300年祭でありました。


平成23年の明月歌流賞は・・・(10/16)

明月歌流賞は協会と歴代長者のみが発行できる賞としています。長者が発行する賞には当然明月歌流長者の称号印の印影があります。来年、長者主催の何かイベントがあればもしかして・・・。


小倉検定から1年(9/24)

昨年は皆様のおかげで無事開催することができました。ありがとうございました。また皆様とお会いしたいと思います。


平成22年百人一首の資格は?(8/28)

百人一首文化アドバイザーの資格の有効期間がもうすぐ切れてしまいます。更新手続きはどうなるのか! 残念ながら更新はありません。4年に1度の検定で資格が発行されます。今後、講習や講演などの参加者にも発行したいと考えています。


斎宮行列

嵐山にて斎王群行を再現。参加者募集中とのことですが、参加費が・・・。


七夕(7/4)

とうとう7月になってしまいました。七夕まであと少し。小倉検定で出題した天の川、枚方市・交野市へちょっと寄ってみませんか。


長者(6/27)

明月歌流長者よりメッセージが届きました。是非ご覧ください。こちらへ


小倉検定上級問題(6/20)

藤原公任の子。四条中納言と呼ばれたのは次の誰か選びなさい。
1、藤原実方  2、藤原道信  3、藤原定頼


権中納言(藤原)長方。

「きのくにの ゆらのみさきに ひろふてふ たまさかにたに あひみてしがな」。百人秀歌に選ばれて小倉百人一首にない歌人。「たまさか」とは、稀に会うさま、偶然に会うさま(旺文社 古語辞典)。5月27日は百人一首の日ですが、本来は百人秀歌の記述の日です。百人秀歌を知ってこそ「百人一首通」かもしれません。



愛媛県の皆様(6/13)

小倉検定を楽しみ?にしていただいている愛媛県の皆様。そういえば第一回検定でも愛媛県の方が京都まで受験に来ていただきましたが、愛媛県でも百人一首通の方がが多いのでしょうか? お問い合わせ有難うございました。


5月27日は百人一首の日。

小倉検定でも出題しましたが、藤原定家の日記「明月記」5月27日の条はおさえていただきたいところです。
「予もとより文字を書く事を知らず。嵯峨中院の色紙形、ことさらに予書くべき由 彼の入道懇切なり。・・・古来の人の歌各一首、天智天皇より家隆・雅経におよぶ」と。文暦2年から嘉禎元年への改元が9月19日とされているため5月27日の日記を文暦2年を試験では採用しております。

「上古以来哥仙之一首随思出書出之名譽之人秀逸之詠皆漏之用捨在心自他不可有傍難歟」

思うままに書いたので、優れた作品の洩れも多いとしながらも、「用捨在心」としているところに百人一首の謎が議論されるのでしょう。なぜこのような作品を?またこの作者であればもっと良い作品が!と考えられているかもしれませんが、他人からとやかく言われることはないとの記述を真に感じてこそ百人一首通かもしれません。


5月27日(百人一首の日)を記念して。

小倉検定を応援していただいている多くの方々にお礼を申し上げます。各報道機関には感謝いたします。何かと応援をいただいた方へ百人一首の日を記念して賞を贈りたいと思います。
鈴木秀明氏:百人一首文化アドバイザー資格である特別文化普及士に登録
べんちゃん氏:明月歌流賞(何の副賞もありませんが・・・。)


5月は小倉検定問題集で今ひとたび。

【問題13】「つくばねのみねよりおつるみなのがわこひぞつもりてふちとなりぬる」。「こひ」の相手と考えられる人物を選びなさい
[1] 光孝天皇皇女綏子内親王 [2] 清和天皇皇女識子内親王 [3] 醍醐天皇皇女康子内親王


5月は小倉検定の過去問で今ひとたび。

藤原定家の日記、文暦2年(1235年)5月(@)日の条に、「予本自不知書文字事。(A)中院障子(B)形、故予可書由彼入道懇切。雖極見苦事憖染筆送之。古来人歌各一首、自(C)以来及家隆(D)。」と、あります。この文章について、次の問題に答えなさい。
【問題57】下線部の彼入道とは誰をさすのか書きなさい。


5月と言えば(5/4)
1235年5月27日。ネタばらし4でも示していたとおり、5月27日は百人一首の日とされています。1235年5月27日は「百人秀歌」、嵯峨山荘色紙和歌について記述された日です。ただ、新暦で言えば1235年6月21日あたり。2010年7月8日は旧暦で2010年5月27日ころになりますが・・・。


第1次大極殿完成と共同通信(4/24)
第一回小倉検定ではまだ完成されていなかったため、先に復元された朱雀門から出題しました。その大極殿が完成しました。いつの回かには検定問題として出題したいものです。さて、昨年検定開催にあたり取材を受ける機会を得ました。その中の共同通信社の方には大変お世話になりました。何度もHPを見ていただいたようで、各ページの記述についてご質問をいただきました。緊張して答えにならない話しであっても、とてもやさしく理解しようとしていただきました。47NEWSに完成式典のニュースがありましたので遷都祭の間に一度見学に行きたいと思っています。


長者の問題(4/18)
検定協会は相変わらず何もしておりません。しかし、初代長者より挑戦問題が届きました。みなさんこの問題が解けるかな?


新大学生の過去ブログ(4/10)
第一回小倉検定では大学受験とも重なり、受験されていないようですが、大学を入学されたとの記事をみました。京都の大学とのことですが、実はその大学の先輩が第一回小倉検定の当日にスタッフとして参加されていました。受験会場で黒板に検定名と注意事項等が書かれていますが、それはそこの学生さんでした。当日のスタッフは立命館大学、同志社大学、京都大学の協力大学の学生さんだけであると思っていましたが、この3大学以外の女子大生がお手伝いしていただいたと知り、とてもびっくりしたのを覚えています。
速単からから移行して、小倉百人一首の検定、第二回小倉検定を楽しみにしていただき有難うございます。「かくとだに・・・」ですか?次回の検定問題はこの歌を???


平成22年の奈良は・・・(4/10)
第一回小倉検定の受験者の方より「第二回小倉検定を奈良で行いませんか」との有難いお話をいただきました。そして会場も色々と考えていただき、「平城京遷都1300年の奈良で!」というお言葉をいただいておりました。奈良開催の件は、残念ながら時間的な面も含め多くの問題を解決しなければなりませんので総合的に難しいと判断しました。初代長者や受験者の皆様が新たな案を提供していただき小倉検定を応援していただけるのが嬉しく、感謝のお礼を申し上げます。知る人ぞ知る、小倉検定は皆様の応援で存在しております。今後とも宜しくお願いします。


東海道五十七次、京都・伏見の旅籠(4/3)
東海道五十七次、通常五十三次と言われているが、京から大坂までの伏見、淀、枚方、守口の宿場を含め東海道五十七次となる。枚方は小倉検定でも出題された地名で紀州徳川家の参勤交代時の常宿。ちなみに枚方市にある樟葉(樟葉宮)は第26代継体天皇即位の地「日本書紀」。
話は五十七次もどって、今回、今も宿泊可能な旅籠をご紹介します。それは京都伏見の寺田屋。今年は予約が多いかもしれませんが・・・。


大阪市西区、三菱発祥の地?(4/3)
大阪市西区役所前にある土佐稲荷神社。土佐藩山内家大坂蔵屋敷があり、明治になって岩崎弥太郎の所有となる。19世紀後半より桜の樹が多く植えられたそうで、この季節は、桜を見物に来る方が多いようだが、今年は何と言ってもNHK「龍馬伝」。龍馬ゆかり!ということで、大阪の土佐藩関連地も賑わいそうだ。


平等院(3/27)
京都、宇治にある平等院鳳凰堂。京都滞在中の両陛下がご視察


年末最後の小倉検定問題(3/27)
持統天皇が詠んだ「あまのかぐやま」、天智天皇は「かぐやま」をどのようにみたてているでしょうか?  1、男。2、女。3、不明。は昨年末最後のホームページ上の問題

新年初の問題はまだか?とのお叱りにも応えず、新年度が来ようとしています。5月を過ぎれば少し時間のゆとりが・・・などと甘い考えでいます。出題者が一番楽しんでいる検定ですので、できるだけ早くに1問出題したいと思います。もちろん合格者の皆さんからの挑戦問題も受け付けますので第一回試験の形式にとらわれずに楽しい問題を送ってください。



4月11日は・・・(3/27)
京都御所の春季一般公開が11日まで。二条城ライトアップも11日まで。豊臣秀吉の「醍醐の花見」を再現した豊太閤花見行列が11日。賀茂曲水宴も11日。
ちなみに平安装束にて歌会が行われる城南宮の曲水の宴は29日。


メール(3/13)
最新の京都の情報は、やはり京都の方のブログから。嵐山、そして梅や桜。本日、届いていたメールにリンクされた情報を見て、百人一首関連の地域への取材が掲載されたときには、東京にお住まいの初代長者や皆さんに京都の情報をお教えしたいと思いました。


明月歌流(2/27)
応募有難うございました。さて、平城遷都1300年祭のイベントで疑似発掘体験や平城宮仕事体験、天平衣装体験などがあるそうです。小倉検定合格者が平城宮跡ガイドツアー案内役として参加されるかもしれません。朱雀門の衛視隊の再現など、あをによしパレードも見てみたいものです。


王朝の和歌守展(2/20)
平成22年4月17日(土)から6月6日まで京都文化博物館にて、俊成や定家自筆の国宝などが展示され、「明月記」も展示されるようです。


1300年(2/14)
あをによし・・・。遷都1300年祭、万葉を感じに奈良へ向かわれている方も多いと思います。本日はバレンタインデー。もしも1300年前にバレンタインデーなるものがあったら、どのようなう歌が残されたでしょうか? 百人一首の構成が変わっていたかもしれませんね。


和歌を感じ歴史を学ぶ(1/31)
百人一首といえば、小倉百人一首のことですが、小倉検定は「嵯峨山荘色紙和歌 小倉検定」としています。和歌を感じ、歌人の思いや歴史に興味をもっていただければと願っております。文化アドバイザーの皆様には各地の文化サロンで百人一首の楽しさをを紹介されていると思います。いつか、1級合格者による講演会などができればと考えております。1級合格者の百人一首への思いを聞いてみたいと思いませんか?


伝統文化教育(1/23)
1月20日の読売新聞では、宮城県石巻市の市立小学校で伝統文化教育の実践研究が行われている様子を紹介しています。この実践研究は、2005年度、国立教育政策研究所の「伝統文化を尊重する教育」の研究校に指定されスタートしたそうです。今回の記事は百人一首をテーマにした2年生の授業を掲載。日本の伝統文化を普及する小倉検定も皆さんのお役に立つ存在にならなければなりません。今年は百人一首文化のブームが来そうな予感がしますので、皆さんの応援をよろしくお願いします。


百人一首文化アドバイザーの皆様へ(1/16)
本年、久しぶりに大型書店に行きますと百人一首関連の本が倍増されておりました。さて、ある本によって断定された事項も別の本では違う捉え方をしているケースがあります。伝聞的な人物模様には特に多いようです。検定試験の問題作成者として出題事項に断言は危険であることを承知しております。アドバイザーの皆様も文化サークルなどで話されるときは、充分ご注意ください。


あけましておめでとうございます(1/10)
第一回小倉検定が終了した後から次回開催の応援メールをいただき有難うございました。本年は平城遷都1300年です。京とは異なる趣がありますので楽しみです。
さて、本年も、小倉百人一首を皆さんとともに楽しく学び、新たな発見を求めたいと思います。百人一首文化アドバイザーの皆さん、またいつか一緒に百人一首しませう。


ご支援をいただき有難うございました(10/26)
第一回小倉検定にご理解とご支援をいただき有難うございました。心から感謝申し上げます。


メールをいただき有難うございます(10/21)
合格発表後に複数の方よりメールをいただきました。大変有難うございます。
当初4年に一度は開催したいとの企画コメントがあったからでしょうか?次回についての記述を見させていただきました。嵐のリーダー大野智さんのラジオではないですが、どこかの情報により定期的に(毎年?京都?)と信じておられるようで「来年必ず京都に行く」とのメールを不思議に読ませていただいております。今回は数々の不手際があり、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、主催者としては次回を望んでいただけることに感謝いたしております。応援のメッセージ等本当に有難うございました。

今週の更新は本日までです。


試験問題を置いて退出された方へ 3(10/21)
10/16にご紹介したとおり、過去問題(PDF)として期間限定で公開します。
期限は10月30日までです。パスワードは、必ず半角数字で入力してください。印刷はできませんのでご了承ください(終了しています10/31)。


初代明月歌流長者発表(10/20)
第一回小倉検定、唯一の最高得点者を発表いたしました。長者は関西からではなく東京から誕生しました。ほぼ満点に近く、百人一首知識教養人であると考えます。今回の日本一です。


合格発表(10/20)
本日、第一回小倉検定の合格発表日です。各級欄に受験番号を示しておりますので、受験票記載の番号をご確認下さい。


判定通知(合格通知)(10/19)
先にご案内のとおり当検定は、試験の得点を評価し各級を判定します。記載内容は、試験日、試験地、受験番号、氏名、択一式得点、記述論述得点、合計得点、級の判定です。この判定に基づき認定証を発行いたします。明日の昼ごろには皆さんの番号が各級の枠に表示されます。お楽しみに!


試験問題を置いて退出された方へ 2(10/16)
10/5にご紹介したとおり、試験問題を置いて退出された方に。過去問題(PDF)として期間限定で公開します。その際のパスワードは、皆様にお送りする試験判定通知に記載している択一式の平均点の数字です。半角数字で入力してください。写真等の二次使用ができないため過去問題の印刷はできませんのでご了承ください。


明月歌流賞(10/16)
小学生と中高生からその成績優秀者各1名に努力者として明月歌流賞をお贈りします。この賞の受賞者氏名は発表いたしません。



明月歌流の資格 2(10/15)
明月歌流の資格「百人一首文化アドバイザー」資格者証は取得者の申請に基づき審査の後発行いたします。但し初回のみ自動発効いたします。明月歌流への申請資格を有する方以外は申請できません。また、この資格は文化庁および宮内庁とは全く関係のない資格です。あくまでも明月歌流独自の資格であり、努力者や優秀作品に与えられる各賞につきましても同様です。



明月歌流の資格(10/13)
明月歌流の資格取得者には百人一首文化アドバイザーの資格証が発行されます。申請に基づき審査の後、発行いたしますので概ね20日を要します。申請はメールにて受け付けます。


現在の小倉百人一首をマスターする(10/8)
本当の歌を探せ!百人一首のマスター試験を検討します。微妙な違いを見つけることができるか?インターネットでのみ行う予定です。時期その他、全てが検討中です。良い案があればご連絡ください。BBSへの参加もどうぞ。


台風が近づいております(10/7)


明月歌流賞を検討中(10/9)
今回の試験結果これも「物の怪」の仕業か? 
本日20時30分まで学生実行委員会との打合せ。台風の影響で雨が強くなってきました。ということで明日はとても厳しい。明日はたぶん更新できません。大学も臨時休講かな?


受験をされなかった方へ(10/6)
願書を提出されたのに何らかの都合で、当日受験できなかった方は、合格発表後に判定通知を送付いたしますが、点数による評価できませんので評価判定を棄権として通知させていただきます。また、各級別認定書は受験された方に発行いたしますので、残念ながら棄権された方への発行はできません。申しわけありませんがご了承ください。


試験問題を置いて退出された方へ(10/5)
試験終了まで残られた方には試験問題をお持ち帰りいただきましたが、終了以前に退出された方には試験問題を置いて退出していただきました。現在HPより過去問題としてダウンロードできるよう検討しております。その際のパスワード等も検討しておりますので、もうしばらくお待ちください


長者はどこの都府県か?(10/2)
願書提出で一番多い地域は京都府。次に大阪府そして長野県、福井県となります。12都府県をブラインドで予想しませんか? 予想はBBSへ!


三笠宮彬子さま、立命館大研究機構に就職(10/1)
宮内庁は、三笠宮寛仁さまの長女彬子さま(27)が10月1日から、京都市の立命館大学衣笠総合研究機構に研究員として勤務されると発表した。同庁によると、彬子さまは、日本の有形・無形文化財をデータベース化する作業などに携わられるという。(2009年10月1日分  読売新聞)
そう!皆さんが受験された立命館大学です。徳大寺家より西園寺家の家督を継いだ公望(実父は右大臣藤原公純)が京都御所内の私邸で創設した「立命館」の名を継承した大学です。西園寺公望は「明治ノ初メニ於イテ余ガ建設セル立命館名称ト精神ヲ継承セル貴学ガ益々発展シテ国家ノ進運ニ貢献スルコト大ナルベキヲ祈ル」とし、西園寺家家紋である「左三つ巴」の旗を立命館学園が使用することを許可していたそうです。「立命」とは孟子の『殀壽不貳 修身以俟之 所以立命也』から。
尚、太政大臣藤原公経が、北山の衣笠山麓に別荘北山第を造営したこの付近はかつての西園寺家発祥の地、北山址。その後、足利第三代将軍義満に地を譲り造営されたのが鹿苑寺(金閣寺)です。


本日、山城国は雨(9/30)
NHK大河ドラマでは直江兼続を山城守(やましろのかみ)と呼ぶことが多くなりました。【問題59】では五畿旧国名を求めています。山城、大和、河内、摂津が出ても和泉が出てこない方が多いようです。和泉式部(大江雅致の娘。和泉守である橘道貞の妻。)を思い出せば、和泉国が出るのでしょうが、意外と多い答えは近江と紀伊。
ちなみに近江や美濃は東山道、紀伊は南海道、丹波や丹後は山陰道、播磨は山陽道、越前は北陸道、伊勢は東海道でした。五畿七道をマスターしていた方は、王朝時代の律令制を熟知されている方でしょうか?


配流
承久の乱では後鳥羽院の隠岐、順徳院の佐渡の配流を勘違いされている方は多いはず。土佐や阿波と書かれた方は土御門院との勘違い。なお、土御門院は承久の乱には関係していなかったといわれています。讃岐は保元の乱で崇徳院、壱岐は単なる間違えで書かれたものでしょう。


斎院と斎宮
式子内親王の斎院【問題43】の記述問題では、@賀茂神社とA伊勢神宮を記入していただきました。
賀茂社とは、京都の上賀茂神社と下鴨神社の併称。平安時代以後、王城鎮護の神社として朝廷の尊崇あつく、嵯峨天皇の代より斎院として未婚の皇女を御杖代として奉仕させた。賀茂祭は、葵祭として三大勅祭の一。山城国一の宮。(引用参考 大辞林)
なお、伊勢神宮とは、三重県伊勢市にある神社。内宮と外宮からなる。正式名称は神宮。(引用参考 大辞林)
問題では注意書きとして、「分けて考える必要はなく、全体の名称」との記載をしていますので、あえて分けられた方は×とします。賀茂神社を賀茂社と書かれている方もおられますが、注意書きにある「一般的総称」ですので正解となります。


採点について 3
記述問題に関して、【問題58】日記名を間違われている方が意外と多いようです。
「小倉百人一首の作者や時代背景に関する知識を問う「小倉検定」が9月20日、立命館大衣笠キャンパス(京都市北区)で初めて実施される。多くの人に百人一首に親しんでもらうのが目的。歌の選者とされる藤原定家の公務日記「明月記」にちなんだ「明月歌流長者」の称号が、最高得点者のうち1人に与えられる。」とは共同通信および全国の新聞ニュース。
思い出せなかった人は受験票に記載された会場「明学館」とあるのに気付けば、あるいは・・・。


採点について 2
今回の試験は選択問題を確実に正解すれば70点以上となり、記述・論述が全て白紙でも3級となります。記述が数点あれば論述が白紙でも80点以上となり2級となります。これはあくまで選択問題が全て正解の場合です。初級または3級の方はこの選択問題で勘違いをされている、もしくは番号を一段づつ間違えてマークされたものと思います。非常に残念です。特に最初の十数問は配点が高く、ここでミスがあると大きく影響を及ぼします。【問題1】と【問題3】を出題者の罠にかかってしまいミスされている方が結構おられるようです。これはあせりすぎのようです。初級または3級の方はこの配点の高い問題で間違われているのではないかと思います。


三代集について
藤原定家は「詠歌大概」の中で本歌取りについて、三代集の歌人の歌を本歌とすること、本歌を用いるのは二句まで、状況設定を本歌と変えること、などを説いたといわれています。三代集とは古今和歌集と後撰和歌集と拾遺和歌集のこと。つまり問題22の正解は1となります。


採点について
今週中頃より採点作業に入ります。見直しおよびデータ入力等の後、認定書等の発行の手続きに入ります。配点につきましては各1点ではないことはお知らせしたとおりです。選択問題に得点が多くなっております。特に問題の最初の方は高く、百人一首を確実に覚えていることが試されます。さて、受験要項に示したとおり、公表した内容、および個別の採点内容等についてのお問い合わせには一切応じられません。
今回は楽しみながら受験していただくこと、百人一首に更に親しんでいただくことを目的としているため、長者である1番以外の順位を公表いたしませんのでご了承願います。また個人情報にかかわるお問い合わせもお受けいたしませんのでご、皆様の理解をお願いいたします。


論述・決定試験
ネタばらし1で書きました「御子左家について」。どうして御子左家といわれているのか、どのような人物が御子左家なのか、御子左家とはどういう家なのかを求めたいと思います。現在の方々のご活躍のみに終始されている論述には残念ながら非常に厳しい採点となります。藤原道長の六男である長家が、醍醐天皇の皇子(御子)で左大臣の源兼明の旧邸を受け継いだことを書かれている受験者もおられ、長者決定試験はかなりレベルが高いと思います。


百人一首の日
ネタばらし4でも書きましたが、5月27日は百人一首の日だそうです。藤原定家の日記「明月記」5月27日の条に「予もとより文字を書く事を知らず。嵯峨中院の色紙形、ことさらに予書くべき由 彼の入道懇切なり。・・・古来の人の歌各一首、天智天皇より家隆・雅経におよぶ」とあるのが理由でしょうか?下線部が問題の答えです。厳しいようですが、ここは正確に書かれていないものは残念ながら×といたします。


問題59
選択が難しい問題でした。西園寺公望公は「明治ノ初メニ於イテ余ガ建設セル立命館ノ名称ト精神ヲ継承セル貴学ガ益々発展シテ国家ノ進運ニ貢献スルコト大ナルベキヲ祈ル」とし、西園寺家家紋である「左三つ巴」の旗を立命館学園が使用することを許可していたそうです。
さて、選択の「立命館」は西園寺家当主、公望公が1869(明治2)年に京都御所内の私邸で創設したものです。
徳大寺との選択は非常に難しいものですが、「入道前太政大臣の系譜上の子孫、西園寺家当主」というキーワードを持つ問題文ですので、「余ガ建設セル立命館」としてご理解をいただきますようお願い申し上げます。解答速報



合格発表まで・・・
試験結果の自信はどうでしょうか?3択(最初のほう)と2択を確実に答えていればかなり期待ができます。
さて、全ての作業は来週より始まります。連休明けは打合せが多いためです。試験概要にもありますように採点内容および採点判断等についてのお問い合わせには一切応じられません。個別の照会もお断りしております。ご理解とご協力をお願いいたします。


ネタばらし 5
禁色は黄櫨染(こうろぜん)。皇室事典でも確認することができます。漢字で書かれた方がいるようです。すごいです。


受験証明
遠方より来られた方、仕事を休まれて来られた方、ご家族に内緒?で来られた方、そして百人一首を愛される小倉検定試験に来られた全ての方に「検定試験を受けた証明を」と、平成21年9月20日の日付入り「証・第一回小倉検定受験」を発行し当日お渡ししました。この受験証明書を持っていると何か良いことがあるかもしれませんよ。歌仙が舞い降りた日にお渡しした証ですから。お渡ししたのはNEWS立命の編集長でもある森井学生実行委員会副委員長でした。


ネタばらし 4
藤原定家の日記「明月記」5月27日の条はおさえていただきたいところです。5月27日は「百人一首の日」とされているくらいですから。
「予もとより文字を書く事を知らず。嵯峨中院の色紙形、ことさらに予書くべき由 彼の入道懇切なり。・・・古来の人の歌各一首、天智天皇より家隆・雅経におよぶ」と。
小倉検定では嵯峨山荘色紙和歌という言葉を多く使用していますので大きなヒントでした。
なお、テキストによっては嘉禎元年(1235年)を採用しておりますが、試験問題では文暦2年(1235年)と記載しております。文暦2年から嘉禎元年への改元が9月19日とされているため5月27日の日記を文暦2年と記載しました。


ネタばらし 3
ブログで一番予想が当たったのは「べんちゃんブログ」です。さすが資格のプロでした。百点満点が何人出ているかはまだわかりません。約1ヵ月後には合格発表がされます。もちろん個人名ではなく受験番号になります。認定書はそのもう少し後となります。申しわけありません。⇒こちら


ネタばらし 2
今回、受験者の多い県はなんと長野県でした。たまたまですが大阪府枚方市の受験者も多くおられました。大阪府枚方市は、天の川伝説のある地、この辺は天皇の狩猟地禁野。今も禁野の地名が残ります。枚方市には、かつて渚院があり、渚院は、文徳天皇の第一皇子である惟喬親王の別荘であり、しばしば訪れられたといわれています。また、親王は在原業平や紀有常らと親交を深めたといわれています。「伊勢物語」では渚院の桜を詠んだ歌や天の川での酒宴について記されています。参考ブログこちらです。
問題の「かささぎ橋」は枚方市駅近くにあり、この辺りは、江戸時代の宿場町で紀州徳川家の常宿として位置しました。


ネタばらし 1
最後の問題は「御子左家について」。
藤原道長の六男長家が、醍醐天皇の皇子、左大臣源兼明の旧邸を受け継いで、住んだところから家の名として呼ばれた。平安末期に俊成が出て歌道の師範家となり、歌道の家として、その子定家・為家と続き、六条家を圧して歌壇の実権を握った。(引用参考 大辞林第二版)
さて、この御子左家について書かれたブログをご紹介します。書かれた日にたまたま小倉検定ネタでヒット、記事を見つけてしまいました。受験者の方のようで恐ろしかったです。


受験生必須アイテム(菅家人形)


株式会社ヤマネの林常務、田辺様ありがとうございました。



関心ごと 10
本日、あわただしくサイト構成を変えて「なぜ」なのかとお思いでしょう。受験者をわざと迷わしている? いえいえ。単なるサーバーの問題です。
さて、これが最後の関心ごととなるのでしょうか、皆さんの関心ごと、試験問題は難しいのか? 簡単なのか? 小学生には少し難しいと思います。問題の意味が難しいかもしれません。しかし百人一首好きの大人であれば簡単すぎると怒られるかも知れません。怒らず楽しんでください。第1回目というのはどこの試験もだいたい簡単なもの。あとは1級で終わるのか、初代明月歌流長者となるのかの問題です。願書を出してから百人一首の勉強し始めたばかりの方は、まず3級めざしてください。小学生の皆さんは簡単な問題を確実に選択してください。難しい問題に時間を使うとすぐに試験が終わってしまいます。もしも2級合格となれば知らない人に自慢しましょう。残念ながら初級認定となった方も認定書をお送りしますので小倉百人一首の世界をもっと好きになってほしいのです。だから? 初級の認定書(見本)を試験会場で披露します。初代明月歌流長者の印ですか? 実物を見たいとおっしゃるのなら検討します。


関心ごと 9
立命館大学衣笠キャンパス正面玄関および東門周辺に学生実行委員がいますので、明学館への道を迷われた際はお聞き下さい。試験会場は4階ですのでエレベーターまたは階段をご利用ください。筆記用具と受験票を忘れずご持参ください。なお、マスク着用は可です。午前中のバスの本数は極めて少なく、連休中ですので混雑も予想されます。前日より入京される受験者の方を含め事前の経路のご確認をお願いいたします。当日の会場責任者は学生実行委員会副委員長の森井亜由美です。皆様のお越しを立命館大学にてお待ちしております。


関心ごと 8
百人一首愛する方のブログに小倉検定の試験問題が・・・。洩れたのか? いやいや、問題は極限られた者しか知らないはず。学生実行委員も誰一人知らないし見せてもいない。もしかして勘? 間違いなく皆さんの味方である歌仙が舞い降りたのでしょう。出題者はこの勝負に負けたということなのか? 満点を阻止できる唯一の問題であったというのに・・・。どのブログかは絶対教えられません。ヒント? 絶対言えません! 誰もこのブログに気づきませんように。もはや試験問題を変更できないのがツライです。


関心ごと 7
遠方よりの受験者にとって、天気と気温は大事な情報。京都市北区の19日の予報は最高温度26℃、晴れで降水確率0%。20日は最高気温27℃、最低気温18℃、晴れ時々くもりで降水確率10%。天候にまず問題はないようです。


関心ごと 6
昨日9月15日、午後から立命館大学衣笠キャンパスに行きました。二条駅から市バスに乗り、比較的スムーズに走り19分の道のりでした。
まず、地下鉄東西線の二条駅改札口を出ると正面にバスの状況がわかる掲示板を発見しました。出口1(左へ)進みます。


地上へ出て右、立命館大学朱雀校舎の見える方の歩道を渡りバス停に到着。市バスで立命館大学行きは2本あり、午前8時は25分と28分。JRバスの時刻表では44分と9時4分がありました。
今回は市バスに乗りましたが、料金はJRバスともに大人220円です。バスに乗れば千本通りを北に向かいます。そうそう、二条駅には立命館大学の朱雀校舎がありますが、この朱雀の名は朱雀大路に関連します。つまり千本通りは平安京の中心にあった朱雀大路と考えても良いでしょう。当時最大のメインストリートとはいえ、現在は・・・。その朱雀大路を北に向かうと左手に大極殿遺祉道なる石碑を見つけることができます。


(千本丸太町はかつて平安京の大極殿のあった中心地)

さらに北へ今出川通りを左折します(右へ行けば同志社大学さらに進めば京都大学につながります)。ほどなく左手に菅家を祭る北野天満宮。そして北野白梅町(ここから京福電車にて嵐山へ行くことができます)を右折。大文字山を前方に西大路通りを北へ。立命館大学終点まで約20分でした。

ところで、例題に大極殿跡の写真問題がありましたが、問題作成者は大極殿好きなのかもしれません。


関心ごと 5
本日9月15日、午前中に学生実行委員会の委員長と打合せがあり、試験問題に関する話や宮内庁の写真に関する話がでました。写真提供がある以上、どういう出題の仕方になるかは別に試験問題に出るでしょう。
午後から立命館大学衣笠キャンパスに行きます。京都駅からバスにのるか、二条駅からバスにのるか、三条からバスにのるのか雨の都合で考えたいと思います。当日の天候は曇り?の予報。


関心ごと 4
上の句があり、「下の句を選びなさい」というのは、かるた遊びでおこなっていただくとして、藤原定家と百人一首の世界、王朝文化などを幅広く問う検定ですので、「かるた」とは違ったものを作りたいと思います。とはいえ、あまり難しいことを求めるのは一般教養と生涯学習の名に反します。これまで学ばれたことの力試しとの位置づけで頑張っていただきたいと思います。色々なテキストで勉強されていると思いますが、今回記述が少し多めです。時間が余りありませんのでご注意を!


関心ごと 3
受験票貼付の切手ですが、皆さんの受験勉強を応援する歌人(小野小町、従二位家隆、寂蓮法師、坂上是則、大弐三位)です。和歌のあるもの、名が記載されているものなどが皆さんのところに応援に行かれているかと思います。たまたまその歌人がご自宅に訪問されたということです。

次に記述ですがご想像より少し多いかもしれません。論述ですが、誰でも知っているような簡単な問題ではないと思います(例題に惑わされないほうが良いかもしれません)。最終の問題で最高得点者決定試験を兼ねる論述です。はっきりと知識教養を判断したいというのが理由です。

ただ、「べんちゃんブログ」さんのいうとおり、この検定は決して他人に優劣をつけるだけの試験ではなく、「百人一首」を楽しむことが目的です。日本伝統文化である百人一首の教養人の認定書は必ず受験された皆さん手元に届きます。

最初の試験は簡単で合格しやすいとよく言われています。たしかに、全員が100点を取る可能性は充分あります。



関心ごと 2
今回の受験者は、百人一首を研究または指導されている先生方が受験されますので、対策をお教えする必要はないと思いますが、ヒントをほしいと思われる方のために以下のキーワードを示したいと思います。
1.文化。(今回は食文化、琵琶や笙などの音楽文化、蹴鞠などの遊びの知識は要しません)
2.作者。
3.歴史。
王朝文化そのものがヒントと言えるでしょうか


関心ごと
試験問題です。現在試験問題の最終訂正を監修委員会に提出しております。問題1問に要する時間は1分以内で解いていただくことになります。100点満点ですが、1問1点ではありません。百人一首およびその歴史や文化を研究されている皆様が満点をとり、最高得点者が複数存在する場合は、最終の論述問題でより良いものに1点を加算し、最優秀者として判定、明月歌流長者を認定します。但し、この加算した1点はポイント的な要素であり、101点になることを意味しません。すなわち、89点の方にポイント1点加算しても、90点1級ではなく、89点の2級の扱いになります。あくまでも最優秀者として判定のためのポイント点であることをお知らせいたします。

百首すべて覚えていれば合格できるか?
いいえ。歌の暗記試験だけではないため、その他の知識も必要です。

記述にひらがなで答えても良いか?
はい。問題ありません。

記述では正式名称や厳密な区分などを求めるのか?
いいえ。歴史は変わります。使用名称も時代とともに変化します。一般的名称、総称でお答えください。但し、当て字等の使用により正誤の判断ができない場合は、正解とすることができない場合もあります。一般的に通常使用しない名称は使用しないでください。

級の取得や称号およびその継続維持には費用がかかるのか?
いいえ。受験手数料に含まれております。称号印も費用はかかりません。称号は歴代に名が残り、その資格の維持に費用はかかりません。また、後日費用を請求すようなことは一切ありませんのでご安心ください。但し、再発行再交付あるいは、その他証明に必要な書類の発行を申請した場合(申請と了解の同意に基く)のみ有料にてお願いいたします。

体調がよくなく50点でしたが、級は認定されるか?
検定である以上、当協会が各級を認定しますが、上級者のみが日本文化の継承者として存在するのではなく、日本文化継承の思いをもって受験された方全員が日本文化の継承者であると考えております。従いまして、十分な実力を発揮できず、上位級の合格基準に満たない場合であったとしても、当協会は全員に初級を認定します。

共同通信により47都道府県の新聞にでているが、同郷の受験者と連絡したいのだが?
ブログや地方版により受験される旨を自ら告知されている方がおられたとしても、ご本人の同意なくそれを確認しお教えすることはできません。試験当日の会場にて、各地から来られた受験者同士が親交をもたれたとしても、残念ながら個人情報を開示することはできません。


【試験当日の注意事項】

集合時刻には遅刻のないよう、交通手段、所要時間等を事前に確認してください。

試験会場には、公共の交通機関を利用してください。

試験当日は、受験票、鉛筆(BまたはHB)、プラスチック消しゴムを持参してください。

受験票に記載されている受験番号と同じ番号が付された席に着いてください。

試験会場では、すべて係員の指示に従ってください。

試験時間中、試験会場内での帽子の着用、耳栓の使用、喫煙、飲食(ガムや飴を含む)は原則として認めません。

但し、体調不良等の理由により必要に応じて許可する場合があります。

不正の手段により試験を受けた者に対しは、受験を中止させ、退場させることがあります。

不正とみなされた者は、試験結果を無効とし、認定後はこれを取り消すことがあります。

不正行為等の防止のため、携帯電話等の電子通信機器類の使用を禁止し、電源は切っていただきます。

試験時間中に携帯電話等機器を使用した場合は、受験を中止させ、退場させることがあります。

試験時間中は、受験票および筆記用具以外を机の上に置くことは認めません。

その他、他の受験者の迷惑となる行為は禁止しますので係員の指示に従ってください。

午前10時50分以降の遅刻者は受験できません。

試験会場への入室は、受験者しかできません。

試験会場ででたゴミは、全てご自身でお持ち帰りください。

喫煙シェルター以外の会場施設、敷地内は禁煙です。

落し物等の責任は負いかねますので、各自荷物等は自己責任でお取り扱いください。

夏期冷房でご心配な方は重ね着など冷房対策をお願いします。



【試験内容】

百人一首に係わる地域・文化・歴史等、および作者に関する事項など全般。

採点の最終判断基準は、旺文社発行の「古語辞典」によるものとします。

漢字には、ふりがなが付きますが、数字および出題上、ルビのない漢字もあります。



【試験方法】

試験は筆記試験により行います。出題形式は、択一式・記述式・論述式。

記述・論述において、漢字の誤りは不正解、または減点の処理を行うことがあります。



【試験場所】

会場地図(PDF) マップ アクセス

試験場への直接の問い合わせは厳禁します。

本人の都合、または責任等、検定協会の責任以外の遅刻者、もしくは受験取りやめた者に対する再試験は行いません。

前日、当日のご連絡は一切お受けいたしません。




百人一首発祥の地、京都へ

試験会場には駐車場がありません。宿泊施設などでご相談ください。
前日より飛行機、新幹線をご利用の皆様は、観光に便利な1日券などがありますので、ご確認ください。
京都以外で宿泊をご希望の皆様は、試験会場までの交通手段と所要時間をご確認ください。



会場周辺の施設について
立命館大学諸施設
金閣寺
北野天満宮


その他施設について
嵐山・百人一首の殿堂「時雨殿」・歌碑
伏見・酒蔵
宇治
奈良平城宮跡・正倉院平城遷都1300年記念祭


京都御所参観について
残念ながら連休中の参観はありません。
■最寄駅:地下鉄烏丸線「今出川駅」
■住所:京都市上京区京都御苑内
■電話:075-211-1215
■京都御所とは:明治元年までの約540年間の皇居。
■予約先:京都事務所参観係
■HP:宮内庁よりお入りください。


二条城について
築城400年記念「初公開、白書院の水墨花鳥図」。
■最寄駅:地下鉄東西線「二条城前駅」
■電話:075-841-0096
■9時〜16時


平安神宮について
9月19日(土)秋の神苑無料公開。
■電話:075-761-0221
■8時30分〜16時30分


平城遷都1300年記念祭について




その他の楽しみ
せっかく京都に来たので十二単や束帯姿になってみたい!
祇園に寄ってみたい!
神泉苑にも行きたい!

学生実行委員会でよろしければ、お調べします。


めったに来れない関西、このたびは百人一首発祥の地、京都まで受験に来てくださり有難うございます。